人気ブログランキング |

◆profile◆            ジグ鯖に在籍中            


by apo002
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

まさかの移動完了。

移動できたあああああああああああああああああああああ!
引っ越しだあああああああああああああああああああああ!
 
さぁ!続けますよ。

全部の全部を。


# by apo002 | 2020-12-31 23:59 | Comments(0)
もう順序がグチャグチャになっちゃうけど、今のグチャグチャな気持ちが固まらないうちに書いとこうと思ってね。
もう心がボロカスのうちにやっとこう!ってね。

一部、書き溜めていた分も含めるから…大量のゲロを吐くと思います。
よろしくお願いしますね!

いやぁ、ココが復活してよかったよかった!
チョット掃除しよ…なんか色んな機能とか無くなってたりついたりしてる!

でもなぁ…もう最期の方ってもうSS撮ってないんだよね。
だから文章ばっかりになっちゃう。

でもいっか、ココですらほとんどの人が見ないんだから。

「amzさんにALL I WANTってブログでは書きません!」
なんて言っちゃったけど…ま、いっか!

誰かが言うでしょ
見なけりゃそこまで

このあばら家の扉を開けれただけで私は満足です。
SDの扉は空けれなかったけどね(これは後で述懐があります)

ついでにこのブログを振り返ってみてみました。

凄いイタイ奴がいます

私です。

多分、断言できますけど…

もっとイタクなりますので
よろしくどうぞ!!

大はしゃぎだな…私w


じゃ、はじめよっか
もしかして…って思った人が過ぎ去った後かもしれない

最高のタイミングじゃないか



# by apo002 | 2020-11-09 01:59 | リネージュ2 | Comments(0)
こんばんわ、wannabesです。
そうだな…若干落ち着いてきた。(かなり嘘w)

しかし…この全部の全部って酷い文章ですね…もはや書き殴りにも程があります。
ここで個人の列伝ver.に戻るとなんか爆発しそうなので、まずは総括…って感じで。

きっとコレが一番読みやすいと思います。
これでも長いけど
==================================================
11月2日、そして11月3日。

wannabesを形作った人が色んなタイミングで次々と出てきて…
色んな奇跡とも思える偶然を起こしてくれた2日間でした。

ルパンさんとの会話から、リュウジさん、pladoさん、そして、(元)SDのみんなも見れたし、amzさんには感謝しかない。
そして、・きなこ・さんに必要以上にオーバーキルで殺されなければ…きっと、自分が殺したような鬼丸さんとJamieさんには"会えなかった"だろうと思う。

そして、誰がなんと言おうと…私はUEさんを超える者です。
オアリムさんは「見事でした・x・」と言ってくれるんだろうよと。

胸を張って言えるんですが…"ある意味、奇跡の人"なんですよ、私は。
すげーだろ
===================================================
で、この10日くらいかな?

この死体を私に取り込んでみようと持ち上げてみたのですが…
このバカはあまりに重くて持ち上がりません。


物騒な話ですが…今は四肢を切断しながら、少しずつ回収しているような感じと申しましょうか。


ただ、おかげ様で…みんなの協力のお蔭様で、そろそろ引き揚げれる気がします。
次は完全に自分に取り込んだ瞬間、恐ろしいダメージが来るんだろうなぁ…w

まぁ、まだ思い出しただけで感謝やら惜別感やら何やらで泣きそうなんで…今日はココまで!

wannabesでした。

# by apo002 | 2019-11-15 06:14 | 全部の全部 | Comments(0)
※これは転載です、11月5日に書いた内容です※

そして、この内容は、今までの人が見ても何となく雰囲気解るかな?
って思うんですが…まぁ、GOS血盟以降の人には見つからないね多分。

まぁ、いいか
いや、いいのさ

じゃ、なんで書いているのかというと…私の気が収まらないから。
書いたからって収まる訳じゃない、でも書かないともうなんというかダメだからね。

メモ帳で音楽が出せなくなってるから…ここで出すしかないのかな?

(歌詞上の順序と比喩はともかく)私の入場曲って事にしといてw


…で、こっからは本題の11月4日38時くらいまでの出来事です。


最初にごめん、もう写真も何も撮ってない。
でもいいんだ。

最近SSなんて撮らないし、そんな心の余裕がなかった。

つかこの前日にリュウジさんと会った時もそうだ…
昨日に引き続いて今日も、奇跡のような偶然ばかりが起きる一日でした。

妻が仕事に行ってて良かった…完全に泣いてたからなぁ
もう話がどんどん長くなっていくから、もうはじめよう

---【Skyscraper】------------------------------------------------------------------------
※ここのゾーンは人名が伏字です。
 私とPTを組んだ事がバレて、その人がBrionacに絡まれてもイヤだから。

(ここはさすがに伏せよう)「あの人」にDBに誘われた。

私はBrionacと抗争中って事になっているのは「あの人」は知っている。
そう説明したが、それならハイドで入ればどうか?とか、リスク承知で行きたいらしい。

「あの人」深くは話さなかったが、沢山の会話がありました。
※まぁ、そこらへんの話はいつかどこかの列伝にて。

と、まぁDBに行くことになりましたが…もう装備は引退の為に、ある人に渡してしまった。
そんなこんなで私は「引退の為に装備を預けた人」に、一旦装備を返してくれと連絡したんです。

その「引退の為に装備を預けた人」は即対応はしてくれたんだけど…
一部の装備を渡し損ねて時間がかかったんですよね。

普段はしっかりしている人なのに…珍しいなぁ?って、思っていたら…
そんな間に「あの人」のクラン員もINしてきてくれたんです。

そのクラン員に「あの人」私の事情を説明したら、そのクラン員もDBに一緒に行ってくれる言ってくれた。

要は「引退の為に装備を預けた人」装備を渡し損ねなければ、これは起きなかった事なんです。
だって、それがなかったら出発してたんだから…これも偶然なんだな…

そして私の最期のPTは…DBに入って、45Fの最上階まで辿り着いた。
はじめての事で、はじめての景色です。

もうPTなんて、ここ半年はやっていなかった気がします。
ボスには勝てなかったが、届かなかったから、いい。

今度は、誰かと45F突破して欲しい。
必ず私との記録を塗り替えてほしい。
そしたら、ひとつ私が薄れるからね。

でも、DBの時間ギリまで居て放り出されて一緒にウロウロしちゃうと…
昔の「95カルティア事件」の時と同じになっちゃうので、私から場所指定帰還スクを使用したんです。
私は自分の意思を通していますが、都合上どころではないお尋ね者なので。


場所指定帰還スクは何個かインベントリにありましたし適当にブラックバードを使うつもりが…
なぜか酒場スクを使っていたけど、まぁいいや?って。


 
実は、これがよくなかった。(よかった?)



間違って押された「酒場帰還スクロール」で飛んだ先に…
なぜか私が以前在籍していたクランSmileDesperado(SD)がクラハンで来ていたんです。



なんという偶然なんだろう…



「あの人」とのPTの後、過去にGOS血盟でUEさんを3年くらい待っていた私に「あの人」から紹介してもらったようなクランSDが... たまたま偶然で押して(しかも間違って押した)帰還スクで飛んだ先に現れたんです。



これはもう完全に言葉にならなかった



SDクラン員も盟主も言葉にならなかったんだと思うけど、言葉にならないのは私の方ですよ…!
完全に私の情報量がオーバーしていました。

しかも「あの人」との惜別の会話もかなり辛くて、殆ど何もしゃべれていなかったと思う。
お世話になった、本当にお世話になった「あの人」ありがとう。
※これは列伝版でしますし、後でどうしても耐えられなくて…後々、郵便しちゃった。

---【時が追い付いてしまう前に】---------------------------------------------------------

で、話を戻すと…
この時に思ったんです。

 
「引退、明日でもいいけど…多分、今日しかない」


昨日から、私の14年間を総決算するような偶然が起こりまくっているんです。
だから、最高手前の状態で、このままでいなくなるしかないと思ったんです。

私を拾って、走らせてくれた休止復帰のリュウジさんへの偶然すぎる出会いと挨拶に始まり…
お宝とADの時代に私が迷惑をかけたメンバーのひとり、pladoさんも復帰して来てくれた。


これでは…
現在休止中の、私の恩人オアリムさんと・最強の盟主GOSのUEさんが偶然に来てしまう。


普通に考えれば何言ってるんだ?って感じですが…今の私ならば、どんな偶然でも起こせます。
このまま私が居たらオアリムさんもUEさんも、必ず来るって。

ワールドイズマイン状態の私は、私が居たらきっと来るって確信はありました。
更に、この状態は1/65535の確率だって宣言してから一撃で引きますからね!

そしたら、それはそれでちょっと懸念がありまして。


みんな来てしまったら、私が大往生してしまうのではないか?って。


それと同時に…万が一、彼らが来なかったら…って考えたんです。
その時には…11月5日まで最後まで引っ張っておいて「こなかったね~」って言ってしまう事になる。


私はね、ちょっと考えて…最後までワナビーでありたいと思ったんです。


彼らが来なくて「やっぱり来なかったね~」って仲間外れにするのではなく…
私が「自分の意思でチャンスを逃した形にしたいんだ」って思ったんですよ。
それにさ…最高手前の状態でもったいない事しようと思ったんですよね…こっちの意味もあるかな。

そして…急遽、引退の準備を始めました。

---【根っ切り葉っ切り】------------------------------------------------------------------

もちろん、最期に話すべき人は決まっていました。
私がBrionacと揉める?前のクランSDの人で、私を拾ってくれた・きなこ・さんです。
※まぁ、この人もそのうち列伝で出てきます。

さぁ、もう昨日から私はメンタルがボロッカスの状態で防御力がマジで0ですよ!
私もメンタルは高い方だけど、今の私は何でもクリティカルに刺さりますからね!


「前から何度となく言ってますが…最期は、死ぬか殺されるかって最初から決めていたんですよね」


私を完膚なきまでに殺すのは、この人しかいないって。
その方法としてはこうです…

1.フレとして束縛してもらって、私が二度と顔出せないようにする。
2.マジでPKしてくれ。

この二択を考えていたんだけど…
やっぱり前者かな?って感じで、フレ登録してもらいました。


そして色々"お話し"をさせてもらいました。


クランの事、謝ってもしょうがないのにね…お互いに。
内容と言っても、話すべき事はたまに垣間見えるだけで…そこでする意味がない話ばかり。

何度も言ったと思うけど、お互いに間違った判断をしたんだと今でも思っています。
でも、私の方がひとつだけ多く間違えた。


でもね、ドルフィンさんの加入の件は個人的に許せなかったのは本当です。


解って欲しかった訳ではありません
判って欲しかったんです


ってのはね…きっとその主張はSDとしても?お互いにも?同じ事だったんだと思います。
多分ループするんで、これはそのうち。

まぁ、この話はココまでにしときましょ。
そんな事はただの「話」にすぎないので。

それに、・きなこ・さんとの「会話」はそう言う事じゃなかったんです。
無言でディスプレイに向かって、たくさんの「会話」をしたんです。

まぁ、結果…酷い事やられましたね…さすがに泣かないと思っていたんですが、ダメでした。
ここまでは単純に、クランに拾ってくれた恩人として、友人としてです。

とは言え、これもそんな長く続けるものでもありません…別れ辛くなるからです。
そんなこんなで何とか切り上げようとした…最期の10分前くらいかな?


・きなこ・さんの発言がもうアレで…


本当は当たり障りなくに突き放した言葉だったつもりなんでしょうけど…
※そう言う事にしといてください。


「それ完全に"撃ってる"からねw」


意図的にやってたらオーバーキルですし、無意識なら…いやさすがにないかなぁ、どうなんだろ。
…いや、こっちはそもそも致命傷からスタートしてるので、判ってくださいよorz
 

さすがに、私も大人なんでアホな勘違いはしないけどさ…
正直に言うと"ディスプレイに向かっている間の限定"で言うなら、身体が半分くらい消し飛んだ感じです。

いや…もう言い訳と言われてもいいんだけどね?
私は・きなこ・さんと会っている前の時点で、私には14年分の色んなもんが刺さった状態だから…なんというかね。


正直、ちょっとだけ好きになってしまった


まぁ、この人の行動や会話には魅力的な部分があるので、勘違いする男性プレイヤー多いんだろうな?とは思います。
いや、断じて私はいちプレイヤーとしての魅力に惹かれたんですけどね。(もう嘘っぽいけどマジですよ?ホントw)
そういうので、身を持ち崩すプレイヤーたくさん見てきたのもそうだし、そもそも私は妻帯者ですし大人です大丈夫です。

が、この瞬間だけはちょっと無理だったなぁ。
※いや、単純に気を遣って言ってもらったって感謝も重々ありますよ?それは判ってます。

でも、最後の方はもう私がボロボロすぎて・きなこ・さんのリードでしか話が進まないし…
私も「なんだかなぁ」と「まぁ~」くらいしか語彙がなくなってきて…酷い有様ですコレ。

とは言え、30時くらいに・きなこ・さんは要塞戦があるからってんで、去らなければ…って私から去ったけどね。
これで、必要以上に復帰しちゃいけない&ここに居てはいけないって決意になったんです。

---【最高を最低に、最低を最高に】-------------------------------------------------------

そう、この会話を最後に…私は誰とも話さずに死ぬ。
最後に話すのは・きなこ・さんと決めていたからね。

で、私はどこぞのフィールドに行き…MOBに殺されるんだ。
そしてそのままログアウトするってのがwannabesの最期…というか、キャラを封印するときは必ずそうしてる。

装備はadvance時代のタケさんに「ワナ、副盟主として給料やるよ」と言って貰った…サムロン+4。


…今でも持っているんです。


タケさん?あなたにどう思われても、これが引退装備だって、あの時から決めていたんですよ。
装備は、その当時の私の防具、シル重セットです。
※見た目上の問題で旧シル重がシル軽グラフィックなのでシル軽にしています。

なぁ、んて…メランコリックな事を言っといてさぁ…
いざ実行ってなってみると…やっぱこうなるよなぁ、って。


…ログアウトできないんです
…もう手が、動かないんです


方がないから妻を寝かしつけ、風呂入って仮眠して、まだ無理。
何回か死んでみたけど、ログアウトのボタンがクリックできない…。

いっそLv106に落ちたわ…amzさんごめんwww
でも、あれはEXP云々じゃないと思ってるから許してください。



みんなはいいよ、たかだか私ひとりの重みだから
大した事、ないでしょ

解ってたんだけど、私だけ全員分が刺さってるんだよね
覚悟はしていたけど、かなり辛い

バカだの見損なっただの、言ってみてくださいよ
それ全部が刺さるから

笑って見送ってくれても、頑張れって言ってくれるのも
正直、辛いなぁって

心の底から、大した事ない人って、終わった人で、サヨウナラって事で
みんなはいいけど、私はイヤだなぁって


酷いもんでしょ?みんな知ってると思うけど



で、ふと思い出したんです。
いつだったかな?・きなこ・さんが「女性プレイヤーがその気になれば~(略)」って話。

私は「そういうのないな?(ちょっと傲慢かな?)」って思ってスルーしていたんだけど…
いや、この状態では無理よwwwww無ww理wwwwwだってwごめん言い訳ですwww


ってのはさておき…こんな時に阿修羅鬼丸さんの事を思い出してね?
この状況、他人の事を笑えないなってさ。


…ゴメンナサイ…阿修羅鬼丸さん?
意味がちょっとだけ…解ったよ…。


でもさ、みんな知っていると思うけど、こういうの私一番嫌いなんだよね。
だって、そういう人たくさん見てきたから。
実は、私はがリネに来た理由って、前のMMOで鬼丸さんみたいな友人に巻き込まれたように流れてきてリネに来たんだ。


だから、鬼丸さんを追い込んだ


私って最低だなぁ、って思いましたよ…自分がいちばん許せない呪いに私が掛かろうとしている。
その時のバチが今…来たのかなぁ?って、さ。


で、どうしたかって言うと…


もう禁を破って・きなこ・さんに手紙だけ書いたんです。
内容は「私を殺し過ぎだってwww」みたいな感じです。


なんというか、冷たく半笑いでスルーでも処理でもしてほしいなぁ…って、さ


万一返信していたとしても、私は返事なんて見る事は出来ません。
敢えてフレに登録したから再度ログインなんてできませんからね。

...でも、これで大分カッコ悪くなったよね私
イケてないなぁ、すごくイケてないって思う


最期にボロカスにされた後、不細工にゴミ箱に投げられた気分です!
もうね?・きなこ・さんには感謝しかないんですよ…勝手でごめん!

ログアウトしたあともチョット抜けないよこれw
でも、ありがとうね・きなこ・さん。

と、言うワケで…自称イケメン&ある意味最強のイースwannabesを殺したのは・きなこ・さんです!
それもほら、手首投げみたいにチョロっとさ?酷い話ですw


そう言う事にしとこうよ
私がそうありたいんだよ


最後まで、みんなが奇跡を起こしてくれて、私の最大のパフォーマンス出させてくれた。
その状態で私がボロボロになってドンズベり、私がMMOで最も嫌った形で殺される。


プライドすらも何も残らない
これがwannabesの末路です


そして、そんな・きなこ・さんを思い返してみると…
私を慕ってくれた友人で、でも私が殺したようなJamieさんが頭をよぎったんですよね。
※ここに来て出たまさかの新キャラですが、どっかの列伝ででもw(そればっか)


お迎えだな…って思った
ほら、後悔しかないよ私


最低じゃないですか!最高じゃないですか!
最初から最後まで、wannabesとしてどこまでも強く在ったと思います!


これが最強のイケメン盟主"UEを超えた者"の最期であり
私の理解者であるオアリムさんも「どうかとは思うけど、見事でした・x・b」と言ってくれる
タケさんも「ワナだからなwしょうがない」と笑ってくれる


その勢いで14年分の寂寞の背中を押してもらうようにログアウトのボタンを押すようにしてもらった感じです。
この位じゃなきゃ…本当は死ねなかったのかもね?

これは、全部の全部ではない「11月4日(38時くらいまで)」の私の目の前で起こった話です。
ありがとう、本当にありがとうみんな


そんな一日だったんですよ。

-----【さいごに】---------------------------------------------------------------------------

だから、ここに訪れた私の友人にお願いがあります。

もし、これを"誰か"が見て…怒っても構いませんよ
もし、これを"誰か"が見て…泣いたらゴメンナサイ

私はできるだけ、そうならないように書いたんだよ
私は多くを勘違したって事でココを去りたいんだよ

だから、冷たくでも何でももいいから笑ってほしい
割と、それが私の誇りなんだよね

少なくとも、私は今日の日を、ぜんぶ ぜんぶ 持っていきます。
このスタイルが変わる事はありませんし、誰にも変える事が出来ません。

つか、ここまで最期の2日間が必要以上に重くのしかかったってのは想定外なんだけどね!!
※まぁ、これはみんな言ってくれると思うけど…wannabesだからしょうがないか…そりゃそうなるだろ?って。

シーランド血盟掲示板の「今日はさようなら」って、勧酒の意味以外にもそう言う意味を込めていますからね。
ちょっと誤解を受けそうだけど、そういう意味なんです。

いきなり耐えきれなくて悶絶していた日もありますがノーカンにさせてw
基本的には二度と戻りません


そう言う事です

----------------------------------------------------------------------------------------

じゃ、気を取り直して…
もう殆ど意味が解らない人がたまに来るだけなんでしょうけど…やっときましょうか。

そんなこんなで今日はココまで!
wannabesでした。

じゃあな
※と言っているけど、ブログは続きますよw

# by apo002 | 2019-11-09 00:02 | 全部の全部 | Comments(0)
11月5日に「あの人」に郵便を送ったのはやはりよくない事だ。
いや、どうしても一言伝えたい事があってね。

私にとって、彼は思い入れが大きすぎるのもそうなんだけど…
何せ、実は私が何をしゃべっていたのかほとんど覚えていないんだ。
あの時は…ひたすらクラン員の人に「あの人」をアゲる言葉だけを言っていた気がする。
※この理由は後編で出てきます。


だから、「あの人」一方的な郵便の為だけならいいかってINしたら…
やっぱまだ甘かった…自分


フラフラとSDのクランアジトの前に行っちゃったんだよね。
そしたら突然、クロランサスさんが「@@」ってシャウトしたから…


「バレたの?」


って思ったんだけど…まぁ、いいや。
本当にこの郵便が最後だから。

初日からいきなり混乱させたのかも知れません…が大丈夫です
だって、現状の私の踏み足は"逃げた"って事になりましたから


最悪だな…って
ただ、それでいいしそれがいい


そんなこんなではじめましょう、約1820倍の3日間のはじまりを。

----【最後のはじまり】------------------------------------------------------------
そうねぇ…

後編ほどイカれてないけど、11月2日、この日が始まりだった。
私が引退の挨拶でルパンさんとアデンで話してたら、私の横を通りすがる名前がふと目に映る名前が


リュウジ


…アンタさぁ…
…たまたまにも程があるだろ…

リュウジさんはウォーベックが会った最初で最期の盟主です。
そして、彼が作ったリネージュ2への後悔が、wannabesを作ったんです。


つまりwannabesの生みの親なんですよね。


だけど、リュウジさんはwannabesなんて知らない。
いや、多分知ってると思うけど…wannabesなんて相手になんてしてくれないしさせてはいけない。
リュウジさんは、ウォーベックでないと話せない。

とりあえずルパンさんに最後の挨拶して、ウォーベックにccする。
そして、待機画面を見直すと…なんだこれ

装備整理中でたまたまウォーベックに着せていた防具は…偶然、最期にリュウジさんと別れた時の青狼セットです。
リュウジさんに会うために着ていたのかこの装備?とすら思った。(もうこの時点でかなりやられてます)


そして、リュウジさんと「会話」をしました。


あの時はゴメン系の「話」とか
あの時は実はこうだった、ああだったって「話」とか
これは本当は重要な「話」かって言うと、そう言うワケじゃない。
お互いに目を合わせてるが焦点が合ってないような、そんな「話」。
たまに「話」の核心に触れると、ふと目が合うような?たまに反らすような。
それが、リュウジさんとの「話」ではなく「会話」だったんだと思いました。


そうですね…短時間の間に、たくさんの「会話」をしたんだと感じでいます。


何というか結構、やられたなぁ…自分…
途中から涙であまり画面が見れてません
もうね、なんだこれって感じです。

これ以降、ちょいちょい泣く事が多いけどね
みんな「久しぶり」とか「寂しい」とか思ってくれるけどさ、若干違うんだよね
こちらの立場としては、「14年の積年」「考えられない偶然」とか、どんどん上乗せされてんだからね

リュウジさん達と会ったのは約14~15年くらい前かな?
この人にエルフ村で血盟LiberalHeartに拾われた事が、私のリネージュ2の始まりでした。

もうサービス終了てしまったMMOの残党のクラン員と
別のMMOから友人に連れられてきて取り残された私と

みんな、戻る場所がない人たちでした。
それが、LiberalHeartだった気がする。

盟主のリュウジさんは乱暴で粗削りだったけど、新天地に"みんなの居場所"を作ろうとしていた。
クラン員のは、"みんなの居場所"ではなく、このリネージュ2を"自分たちの居場所"として構築しようとしていた。


リュウジさんはみんなを縛る結果になり、どんどん孤立して荒れていく。


いや、これリュウジさんもクラン員のみんなも解ってはいたと思います。
それがどうしようもなかったことも、多分みんな判っていたのではないでしょうか…?

sakulaさん・ドルガルアさん・mayurikisaさん・ドルフィンさんはじめとするLiberalの全メンバーに対してそう思いますね、
※ややこしいけど、ドルフィンさんはそのドルフィンさんではありません。

ですが、このクランでは私だけが外様だったから…逆にその軋轢が強く見えたんです。
リュウジさんとみんなの温度感が確実に離れていく様子が、正直悲しかった。


外様の私から見たら、リュウジさんも正しければみんなも正しい。


私の目からは"みんなと楽しみたいし、みんなを見ていたい"しかなかったんですよね。
私にはいつでもそう見えていた的な事を言った時に…リュウジさんは言ってくれた。


「私を外様となんて思っていない」


私もいつもそのつもりで接していたし
私なりに追いつこうとしたんですよね


…でも最終的にとった私の行動は、仲間を守ってリュウジさんから去ったんです。


多くの人を捨てて、独りで転がり込んで来た私がこの場所で取った行動は…なんとか、リュウジさんとみんなが自然解散していく事を助ける事です。
それは、当時からすればどうしようもなかったのかも知れないけど、今では充分な言い訳です。


そして…私はこのクラン員が誰も居なくなったこの世界で、形を変えて後悔を追いかけていた気がする


そして10年近く経って…
私が自分の形を守る為にこの世界から去る直前に、リュウジさんが私と会って自然と言ってくれたことは…


「私を外様となんて思っていない」


私は当時、休止していくリュウジさんを青狼セットの装備で見送り
現在、青狼セットで引退していく私に…あの時と同じ言葉を言った

リュウジさんは丸くなって、あの時ほど無茶も反動もなくなったと言っていましたね。
言い様は変わったなって思ったけど…


アンタ…全く変わってないよ
それだけは、すぐわかったよ

ウォーさんもな、って言われたら…

そうかな
そうだね

※振り返ると…ルパンさんが私をリュウジさんに合わせてくれたのかも知れない…なぁ、んてw
 ありがとうね、ルパンさん!お互いにリアル人生が数奇な運命の先輩へ・w・b

----【advance"d"】---------------------------------------------------------------------
リュウジさんと別れ…それから。

今から考えてみると…
私がリュウジさんを引き当てて、私にリュウジさんの運が乗って
次々と奇跡や出会いを引き当ててくれたのかも知れません。


この後、びん娘さん(pladoさん)から連絡がありまして。


びん娘さんも、引退復帰勢なんですよね…
「advance(お宝パイレーツ)」時代には本当に迷惑掛けた人だ、でもありがとうな人だ。

ちょっとなかなか連絡取れないんだけど…なんと(やはり?)この日ばかりはアッチから連絡来た。
内容はと言えば、スロットの話やパチの話がメインだったなぁ…いつも変わらず、陽気で気さくで和む人だなぁ、って思います。本当に別の遊びの話ばかりしていました。


でも、びん娘さんは私がもう引退間近って、判ってるんだよね


でも、そんないつも通り?な話をしていても、引退とか暗い話をすると…
どうせ「待ってますんで」とか「また来てください」とか、(リアル)剛腕な切り返しをしてくるんだろうなぁ…この人。

advance(お宝パイレーツ)で私がやった事って…
私の悪い部分とリュウジさんの悪い部分をブレンドして煮詰めたような事だったのかも知れない。


ただ、pladoさんは帰ってきてくれて…私を見つけてくれた。


このタイミングで私を見つけてくれたんだ、って…ちょっとだけ誇らしくなりました。
全然、どうでもいい話しかしなかったけど
そうなんです…私は結構泣いてたんですよ


嬉しかったんです


後期のお宝メンバーには、私ってロクな印象なかったんだろうなぁ…って、感じています。
pladoさんがお宝後期に一緒によくつるんでた、うんでぃーねさんだったかな?あの人には絶対に良く思われていなかったなぁ…って。

原因は私にあるなんて、最初から判っているんですよ。
でもね、しょうがなかったというか…判ってはもらえなかったな、きっと。

そして、そのうち私が吐いていく列伝の中で「もっとも酷い話」の中で、(間接的に)うんでぃーねさんってすごい形で出てくるんですよね…絶対に本人は気づいていないと思うけど。
うんでぃーねさんが私を恨んでいるようでしたら、確実に呪いは届きましたよw

それはそのうちw
-------------------------------------------------------------------------
と、まぁそんな感じで…元居たクランの盟主FailyBell(・きなこ・)さんに「こんな偶然…いやぁ、泣いたわ〜」なんてダベって終了。
悲しくて泣いたんじゃないんですよね、ただ泣いたんです



でも、明日か明後日…多分この人に殺される


それまでにチョットだけでも…心を治しておかないとね。
最後の方は結構、この人と話す事が多かったんですよね。

多分、この人は私を簡単に?遠回しに?突き放してくれると信じています。
出来るだけ、みっともなく殺してくれると信じています。

そんなこんなで今日はココまで!
wannabesでした。

# by apo002 | 2019-11-09 00:01 | 全部の全部 | Comments(0)

shizuoという人。

もうアレですね、兄貴ですねw

とは言え…初対面は最悪で、INの挨拶の度に絡んできた時はかなりイライラしてました。
(実は、別の方に聞いていましたが…)元々PCの環境からか、PTスキルもかなり残念な部類だったそうな。

私が欲しかった当時の新魔法書を、何度も倒れながら取りに行ってくれた時(半ば強制連行でしたがw)…
shizuoさんはそれらを全部、私にしゃべってくれました。

彼が言うには…
・盾のメインは基本はもっと高Lvのがんさん(そのうち後述します)が居るから、自分はあくまで"居させてもらっている"人である。
・自分はクランの為なら何だってする。それがクランへの恩返し。
 (それら含めた理由により、野良PTはほぼ行かない)
・本当の自分の装備はFPとサムロンしかない。(当時はBグレの借り物を装備)
とか色々…聞かされたなぁ…

アレです、私の心中は…
「全く、正直だなぁ…黙って先輩風吹かしといてくれよ!」
…って思いまして、この時点から私の中では「shizuoの兄貴」に大決定です。

クラハンでは盾職で(たまにテヘペロな部分があるけど)常に無理をせず派手な事もなく、安全にクラン員とクラハンを終わらせる。
誰も居なければ、クーガーを引き連れてソロに行く…ほぼ毎日のINは忘れない。

それが、私の誇るshizuoの兄貴です。
私は一度もそんな風には接してはいなかったけど、ずっとそう思ってました。
(まぁ、本人にそう接したら「気持ち悪いわw」って言われそうですしね)


ですが…


そんな「お宝探し協会」に過疎が訪れ、タケさんと私が抜け「adavance」を作る事になりました。

その時…私からのadvanceへの再三の誘致のお願いに対しても…
「このままでいい」
「クランの過疎くらいで、お宝は潰れない」
そう、仰ってましたね。

最後まで…その居なくなる時まで…それは変わらなかったんでしょうね。

私がshizuoさんの立場なら…
「お前が自分と逆の立場だったとしよう…お前はお宝を捨てるのか?」
と、と冷たくバッサリ言うでしょうね…最後まで言いませんでしたね。

それはきっと、私の「お宝を大事にしたい心」は判っていたのだと思います。
それは浅い深いの問題ではなく、個人の「表現方法」の差だけなんだろうというのも悟っていて、しょうもない話に付き合っていただいたりしていた事は理解しています。
だから、advanceになってからの私のいろんな相談にも乗ってくれましたんだと思います。

本当に、本当に感謝しております。

そして、色々あってadvanceが瓦解して…
ワルータさんの別荘クランの同盟クラン「お宝パレット荘」になったあたりで…



shizuoさんは、ふと姿を消しました
===========================
Lv80を超えてもフェニックスナイトに拘り、なかなか3次職にならなかったshizuoさん。

覚醒UP後にはさすがに覚醒職にはなっていたけど…
どこかで、モチベーションが尽きたのでしょうか…

いつしか、姿を見なくなって…もう2以上年経ちます。

今ではお宝はkoapinさんがお戻りになられて、「宝」の旗は今でもアデンにて常に見る事ができます。
がんさんもたまにですが…見ますよ!


「だから安心してください、shizuoの兄貴」


shizuoさんは…口は悪いが、仲間思いで、良くも悪くも正直。
金策は全くしないも同然で、宵越しの金は持たない。
ちょっと不器用な部分があるが、不器用に対しても正直で。

そんな都合上、クラン員から愛されて…装備を援助したりされている。
(それがあろうとなかろうと)クランの為の恩返しは忘れない。
きっと、恩返し…って言葉も不適切で、それが彼の「普通」なんでしょうね。

もうええわ、かっこよすぎだわ兄貴
そういう人になりたいわ

ただね…あの時、私が「お宝」を抜け「advance」をタケさんと作ったのは…
その成否に関わらず、間違ってはいないと今でも思います。

私は(無理なのは判っていても)shizuoさんをadvanceに誘って中心人物にしたかった。
これは私の、言うなれば「野望」の一つでした。

彼は私の「advance」の夢のための犠牲者だったのかもしれません…
でも多分、shizuoさんなら…「お前の犠牲者になるほど落ちぶれてない」って言われそうですけどねw

後悔するのは、もうやめようかと決めています
だから、さらば…shizuoの兄貴と言っておきます
shizuoの弟分は…そりゃもう強いんですからね



…そして、時は経ち。



shizuoが居なくなってから…当時のshizuoさんくらいの歳に今、私はなっています。
私はshizuoさんのようになれているかな、なれていたかな?



そう思うと…少々の苦笑いがこぼれます
============================================
あぁ、これは別件ですが…

リアルでオフをした時も…まぁ、兄貴でしたねw
年長組は人遣いが荒いっすよ…

「ロキさん女性なんだって?じゃ、つれてこいwww」
「次に行く店、決めろw」

みたいな事を言われた記憶がありますorz
マゾじゃないけど、こういう兄貴に使われるのは本望でしたw

\くそぅ~しょうもないオッサンどもめ/

なんというか、じゃぁね
# by apo002 | 2015-01-21 06:18 | 全部の全部 | Comments(0)
まぁ、前回までの内容も(今回も)私の整理がついてない気持ちそのままに書きつつ、現在の私の視点も含まれているので・・・果てしなくイミフな文章になっている部分があります。

ただ、これは当時の私と、当時の私の周りの環境にあった人以外に向けたものではないから、これでいいかな?と思って進めてます。

でもまぁ、一応要約しますね。
※他もいちおチョット直しました。

【最近のあらすじ】
『お宝探し協会』クランに入る。

激しく過疎ってきた。

『お宝探し協会』を何としてでも復興させたい~どうしよう。

『お宝探し協会』を抜けて新クランを立てようとしている人が居る。

そうだ…ちょうどいい!
新クラン(advanceというクラン)に入って、『お宝探し協会』を同盟下に置いて保護しつつ、『お宝探し協会』の再興を図ろう!

【いまここ】です。
============================
多分、当時『お宝探し協会』大好きな態度を取っていた私が…あっさり『お宝』を脱退し『advance』に鞍替えしたのは…

「なんか、コイツ変だな…」
って、盟主タケさんも『advance』設立当初、『お宝パイレーツ』同盟設立当初に、もう気づいていたと思う。

そらそうだ。
私も判るような態度を取っていますしね。
騙すような事はしたくなかったから、バレるように動いてました。

私はお宝のためにadvanceを盛り上げようとしている。
盟主タケさんはお宝から要らない患部を切り取りadvanceを盛り上げようとしている。

2人の最終目標は一緒で、新クラン「advance」を中心とした同盟を盛り上げようとしている事です。
だからいいじゃん!ってヌルっと入り込んでいるわけで。

ただ、それで盟主タケさんが私を切らなかった理由は…まぁ、利用価値はあったから。
なのだろうと思います。

「じゃ、その利用価値に最大限答えるので…私の真意に反論はさせない。」
そんな体で私は臨んでました。

まぁ、ここであまり誤解して欲しくないのですが…
前回の書き込みから見ると、私はこのタケさんを利用しようとしているようにしか見えないのですが…

盟主タケさんは…考え方は荒っぽい部分もあったし手段も考えも合わない部分もあったけど…
実は、タケさんというプレイヤー自身・そしてadvanceというクランが…凄く好きでした。

でも、それ以上に…
「在籍していた『お宝探し協会』というクランがあったからこそ今があるんだし…
それを「過疎だから」とか、「古参の腰が重いから」切り取ってしまってはいけない。

と、いう事をタケさんに伝えたかったんですよね。
って…タケさんなら「知っておるわそんなもんw」って感じなんでしょうけど。

それでも、当時はえらい揉めた事やタケさんと私の牽制・ぶつかる事は結構多かったと思います。
私が「お宝」を大事にする動きを見せれば…タケさんがその「お宝」クラン員ともめてみたり…
タケさんが同盟で取り込むクランを増やせば…私がその同盟クランと仲良くなって、お宝クランのシンパにしようとしたり…他にも色々あったなぁ…

でも、最後は「advance」のクランの事になると…新人育成やら何やら、装備そろえようとか色々運営になると協力するんですよね。

私も新規クランを動かす一員として動くのは、単純に楽しかったので~そこは盟主タケさんと意気投合します。そこで仲直り?的な感じです。
以外に意図的に?雑務を私の所に投げている部分があったようにも感じていましたが…
自身は結構楽しんでやっていました。

タケさんは私より実年齢が上でしたので…タケさんからすると「無下にはできない生意気な後輩」みたいな感じだったのではないかと思います。

何か、色々やったなぁ…リアルオフ会を開催しようとか。
これは愚痴なんですが…他の古参メンツなんかも私より年上で、私がいちいち主催する事にw
以前の「お宝」クランは別の方(ポコミンさん)がオフ会を主催していたのですが…

まぁ、オフ会ってモチベーションは上がるんだけど、いや嫌いじゃないけど。
こういううオフ会は…なんか、なんか違うんだよなぁ…そうは思っていたんですよ。

楽しくなかったか?って聞かれると?いや、楽しかったんですけどね。
でも、私の『advance』での」組み上げたい本質的な方向性とは違うんですけどね。

それでも…それで、「お宝」が残ると思えば~なんて浪花節っぽい事を考えても居ましたが。
返す返すも、それはそれで楽しかった


ですが、最後はそのバランスが保てなくなってきました。



タケさんと私の唯一の共同戦線だった「advance」のあり方、どう協力して盛り上げるか?の共通した考え方が崩れました。

それは、クラン員募集の考え方に大きく違いがあった部分だったと思います。
私は確かなIN率の高い確かなクラン員を入れ、少しずつクラン員の拡充を図ろうとしました。
タケさんは、とにかくクラン員の有象無象を沢山入れ、残るクラン員を剪定しようとした。

私は最初はタケさんの考え方には同意していたのですが…ある程度頭数も揃ってきた所で、クラン員の質を固めようと考えた次第です。

確かなクラン員(有象無象で剪定された人含み)に近しく私が手を取っていれば、お宝を守れると思っていましたし、タケさんと最悪な揉め方をしても、私はクラン員を仲間につけることが出来る(→お宝が残る)。

だから大丈夫!って思っていたんですよね。

そして、これは運なのでしょうけど…タケさんの指示で加入したクラン員がが他クランに大して色々問題起こしたりしたんですよね。

で、私はタケさんに「だから、私のクラン員拡充の方向性は間違っていない、タケさんは間違えている!」と主張し、その後は何かとそういう問答が多かったです。

…なんと言うか、もうそのあたりの自分は、結局は「盟主とかそういうのを越えた気の合う友人(タケさん)をクランから叩き出すイビリ役」になっていた訳で。

私の中で、その時はもう本質的な目的が摩り替わっていたんだと思います。

タケさんはいつしか、クラン員と揉める事が多いだけの盟主となっていき、そういう時は私がタケさんを表面上(立場上)なだめつつ、他のクラン員には副盟主?として接する役目となっていました。

その後のタケさんは…あまりクラン員と接触せずにクラハンとかしないで基本ソロでクランポイントを貯めてクラン育成ばっかりの人になっていました)コレには敢えて優しく接し、盟主を立てる方向を取るようにしました。

もはや、雑な洗脳みたいなものです。

その時の私は…何か、勝負には勝った感なバカバカしい薄っぺらな勘違いをしていましたね。
そりゃ、大事なモンを失った感は自覚していますけど。

俯瞰してみれば、それがバカだとわかるんですが…
実際、渦中にいれば…そうじゃなかったんですよ。
それは、判ってください。

でも、自分の信念・思い入れとして「お宝探し協会を存続させる」という思いは変わらず…以降はそれのみで動く傲慢な人になっていた時期だったと思います。

それがいつしか、より強くなり…現存クラン員に見えてきたんでしょうね。
「wannabesは、実はクランの事といいつつ、実はクラン員の事より、クランそのもの(のありかた)しか考えてないんじゃないのか?」と、いう事です。


でもね…

断言します、そうです。
最初っから、そうです。

それを騙す、と言うならば…騙していました。


でも、最初はそうだった…(きっと多くの人は気づいていた)けど、
いつしかクラン員のため、advanceのため…そう思えてきた時期もありました。

ただ、何となくタケさんに大きい態度で放したりしていくうちに…本当にこんなクラン内での盟主vs副盟主の私でマスゲームをやりたかったのか?と、あるとき思い返したんです。


でも、その時は…もう全てが遅かった。


タケさんは他の事情も込みでクランを事実上、去りました。
事実的に休止です。

その頃には、ほとんどのクラン員がadvanceに残っていませんでした。
色々同盟を組んでいたクランはほぼ幽霊クランになり、クラン員もほぼ居ない中…同盟内では少数だけINしているクランがありました。

そうです、『お宝探し協会』です。

その中で、がんさん・shizuoさんという2人だけがずっとINしていました。
この一連の同盟再編やら、私が手を回して乗っ取られた形になった元クランになります。
ですが、何かあると私に「考えすぎるな」「無理すんな」と言ってくれていました。

そんな最初に私が守りたかった「お宝探し協会」と、少数のadvanceクラン員のみが残っていたんです。

結局、何も出来なかった。
と、結構絶望的でしたね…あの頃の事を思い返すと。
私は、『お宝探し協会』の存亡に危機と勝手に勘違いして、「小賢しい策」を持ってクランから抜けて右往左往しただけ。

そういう結果です。

でも、失敗したら多くの人に恨まれて恥ずかしい思いをする事になる事は承知でした。
でも、それでも守りたいものがあったんです。

んでもって、失敗したから…そうなっただけ。
その事には全く悔いはないです。


でも、もうそれでも…だれも判ってくれなくても、続けよう。
そこは覚悟を持って続けたいと思いました。

と、いう訳で…その後はそのまま同盟『お宝パイレーツ』として存続する方向になりました。
=====================================
はい、というわけで…かなり短く纏めようとしただけあって・・・ただでさえもう気持ちだけで書いているのでわかりにくい文章な上に、文章を短くしようとしてもっと判りにくくなってる。x。

ま、いいか。
いいのか。

そう思っておくことにしよう。
ここからは、各個人の話を列伝のように書いていく事にします。
そっちの方から話していったほうが判りやすいかもですしね。

こっからが長いよw
んでは。
# by apo002 | 2014-03-27 08:13 | 全部の全部 | Comments(0)

全部の全部。

色々、久しぶりですね。
 
いやぁ、さすがに誰も居ない…とは思う。

色々、色々、考える事があって。
この結論に行き着くのは長く掛かりましたが…

この全部の途中は、最後を書き終えた時に…

『全部』

とすることにしました。
そして、更新を本格的に進める事にします。

それはきっと、そう長くはない先だと思う。

確かに私生活が更に忙しくなって来たのも理由としては大きいんだけど。
プレイヤーとしての自分がIN率や自分を維持できないと思ったときは…

未練とか、そんなのいらないので引退しよう。

それは最初から決めてました。

例えばさ、自分の意思で生きれなくなったら病院でチューブに繋がれた人生なんて送りたくない。
って、多くの人が思うじゃないですか。私もそうです。

でも、実際そんなコト吠えていてもさ…例えば自分が事故とかで意識不明になったら…
自分の周りは自分を生かそうとするかもしれない。
最悪、気が弱って「死にたくない」って思うかもしれない。

また、例えば…自分の大切な人が上記のような事になったら…
その大切な人は大概、生きながらえる事を望まないだろう。
先にも言ったとおり…大概そうだ。

そうなると…生かすのは、相手のためではなく…結局は自分のため我侭だからだ。
だから、生きながらえさせないと思うし、相手も大概ソレを望むだろう。
勿論、それが全てではなく…他の考えもあると思うから、必ずしも上記の考えが全てだとは言いません。
これはたかだか私一個人の考え方です。

…、と。ここまでは理屈のうわべです。
じゃ、実際そうなったら…どうなんだ?そんな判断できるのか?本当に?言い切れる?

…回答は『判らない』です。

だからさ…wannabesはwannabes足りえない時には、死のう。
このまま放置してもいい…んだけど、そうではない。

皆の知るwannabesは、いや…そうだからこそ。
もう引退した恩人も、今INされるような友人も…誰も見ていなくても。

もっと重ねて言うと…誰も見て居ないからこそ。
甘えてはいけないんです。

その結果がどうであろうと、それがwannabesです。

でも、今までの人生で使った時間を…自分の意思で自分で殺す事ができるチャンスなんだ。
それだけ、自分に思い入れがあるからね…余計にです。

そう、思っています。
ここからは、今までの振り返りもありますが…その他個人の事も振り返っていこうかと思います。

では、全部の全部。
ここにスタートします。
# by apo002 | 2014-03-27 06:02 | 全部の途中

全部の途中(wannabes.7)

「ザイリアスの最後」と時系列としちゃ、結構平行線か戻るか…な。

あらためて、脱線していた本編に戻ることにしましょう。
そんな「お宝探し協会」は、盟主:鷹之介さん/副盟主:ポコミンさんを中心として、重厚なメンツに支えられ。

そりゃ皆さんそこそこ短気な面もあったりしましたが、適度に大人な感じ。
私が一番ブチ切れ大明神だったような気がしますw

オフ会とかしたりしたなぁ。
私より年上の人が多かったのか、えらい下っ端扱いだったようなw

いや、クランでも新入りだったので全然構いませんが。


でもまぁ、いつの日か…いつかの日はやってくるわけで。


鷹之介さんはクランの中で(きっと)一番の年長者クラスで、クランの内情なんかあまり見ない(ように見えてましたwすみません…)のですが、最後にきれいに締めるまさに『御大』って感じでしたね。
かなり自由な感じな人ではありましたが、やる時はやるwみたいな。


平たく言うと、自由すぎてどっかいっちゃったorz


盟主がINしない…携帯とかに連絡できたのでまぁまぁ、それは良かったのですが。
そもそもモンハンの人だったらしく、ソッチに夢中らしい。

副盟主のポコさんも、仕事が多忙でチョットINしなくなったら…いきなりどうでも良くなった様子。
面倒見のいい人で、私はポコさんに誘われてこのクランに入ったんですよね…結構、目標だったんですよ。




…そして残された人と古参たち。




このクランはみんな自立した感じの人たちでマイペース、に見えたのですが…やはり、盟主の鷹之介さんの元に集まる人たちでした。
減るクラン員のIN率、クランチャではネガティブな発言が目立つようになってきました。

でも、それはクラン員が自立してないわけじゃない。
どうしても、盟主:鷹之介あってこそなんだ…このクランは。

色々な事を、ゲームを通して教えてもらいました。
私はこのクランが好きでした、本当に好きでした。
このクランがずっと続くわけじゃない、そりゃゲームですから。
でも、いつまでも続くと思っていました。

もうザイリアスは忘れた、いっそ復帰の"口実"を作ってくれたザイリアスに感謝したい。
(この時、ザイリアス編は時間軸の都合上…解決していません)

恥ずかしい事をいいますね

いつか、リネがサービス終了して
そのころ鷹さんもポコさんもがんさんもshizuoさんたけさんもウーさんもpladoさんも
そらもう、ええおっさんやおばちゃんで
おつかれ会オフしてさようなら、なんだと思ってました


本気で。


もう、それがなくなろうとしてる。


いや…回答はありました。


「残された人たちが中心人物になればいい」


…だけど、一番クランで下っ端な自分がどうやって?


そこに、ある日…クランで影響力は持っていたものの、私くらい気性の荒れ者でクランを出入りしていた、たけまさるさん(以降、タケさん)が「脱藩して新クラン作らないか?」という話を私に振ってきました。
理由はもう、この状況がホントにイヤになったらしい…




「…ちょうどいい、これ」




裏切った裏知られたとは思っていません。今でも

多分、悪あがきだと思う…知ってる
多分、負ける勝負なんだろうと思う

wannabesの再スタートとなった…
「ハレルヤ」で、成しえなかった事
「ハレルヤ」が、成しえなかった事
クランを見限った人たち、元サヤの「神聖アデン」に帰っていった人たち…
そして、コニアンさんを最後に送り出す事しか出来なかった…
また、それで「何かやったような気になっていた」プレイヤーとしての「自分」への…

wannabes

体を表わすリスタート…次の戦いの始まりです。
言っておくけど、全然かっこよくもない私の我侭の戦いです。

いつか、気まぐれでもいいから帰って来る鷹之介さんを待つ。
それまで、被害を"最小限"に留めて、残る人だけ残す。

本末転倒でも「みんないなくなる」より、いい。

「そうですね!タケさん、それはいい方法です…ついていきます!
 なら提案なんですが、お宝探し協会を同盟下に置きましょうよ?
 さすがにバッサリってのは気がひけるじゃないですか~人としてw
 スターティングメンバーでも、IN率悪くても…やる気があっても、
 新規入れるのに"頭数って重要"ですし…
 "利用"しましょうよ、お宝クランを…こういう時こそ!」


勿論、「新クランをつくろう~」なん言うタケさんは、この時点で「IN率が悪くなってしまっている古参」を良く思っていない節がありました。

つまりは、今までの「お宝探し協会」の体を全て捨てたかった。

多分…じゃなく、私の気持ちや考えはバレバレだと思う。
でも、確信はありましたが…タケさんは頭がいいから気分や気持ちだけでNOとは言わないだろう。

例えば…
私がそれが判って、「NOって言わないよな?」って意図だとしても、
私が何を考えずに、言葉通りの意味でモノを話していたにせよ、

最初、私の話を飲み込んでから…古参をつぶしに来て「約束は守った、文句ないだろ」と来るだろう。
また、どこかで「お宝が復活するかもしれない?」という私と同じ考えが1%でも合ったのかもしれない。

含み…

「(乗り気じゃないけど)わかった」

そのクランを「advance」といいます。

タケさんは、多少荒れることがあっても…いや、だからこそ人間味のある、人としてもプレイヤーとしても非常に尊敬できる人でした。
------------------------------------------
エライ厨二っぽくなってきたぞ・x・;
そんなヤツか?といわれれば…そうなんですよいいじゃないですかw

「ただ、所詮ゲームでされどゲームだ。
 だからこそできる、好きなことをしたいし納得できることをしたい。

 所詮ゲームで、でブッた切るなら…そういう人たちのそういう集まりで。
 そんなもの、時間の無駄だからしたくはないよ。
 
 そうであって、欲しくはないんだよ」

私にとって大事なことだから、何度でも言うよ。

って、また暗~い路線にきましたねw

まぁ、まぁ…そんなこんなで今日はココまで!
wannabesでした
# by apo002 | 2012-12-11 05:27 | 全部の途中

全部の途中(wannabes)

私のリネではとても長い友人、オアリムさん。

「お宝探し協会」クランの前の「ハレルヤ」クランで会った方です。
気の合う部分もあったし、意見の分かれる部分もありますが…理解しあえた数少ないフレです。

「オアリムさんは「ハレルヤ」が倒壊する前にクランを去っていきました。」

なんて…話は過去にしたことはありましたが…実は勿論、平行していて。
オアリムさんの行動は、私にとって「瓢箪から駒のような」一部の結末を与えます。

今回は、そんな流れのキックオフです。

と、いう訳で…ザイリアス編の結末です!長いよ~4部構成だよw
---------------------------------------------------------
オアリムさんとは意見は分かれて別々のクランに行ったものの…別に普通に仲もよく話す事も多く、その別クランの人と遊ぶことも多かったです。


オアリムさんの行った別のクランとは「Einherjar」というクランでしたね。
とても気の良いメンバーが多く居たクランだったと思います。


その中でも、一番印象に残ったのはアーチボルドさんでした。


楽しく、そして何より熱い人でした。
それ以上に。ゲーム内での自分の意思というものを持っていて、自分と多く共感できる人だと思いました。
たまにPTすることもあったし、会話することも少なくはなかったです。


ただ、いつの頃か?あまりクランで上手くいっていはいないという話を誰かから聞きまして(これは誰だかホントに覚えてない)時を同じくして、オアリムさんからも同様の事を聞いていました。


そして、彼は「Einherjar」を去っていきました。
またその事をオアリムさんから口伝に聞くまで、あまり時間はかかりませんでした。


理由は色々あったのだろう…それは細かくは勿論知らない。
何となくは聞いたけど…所詮、一つの聞いた話で判断されるべき内容ではないと思います。

ただ、結果から言えば「噛み合わなかった」の一言に尽きるのだろう。
比喩的な表現になるけど、それがどちらかか?どちらもか?が「痛み」になっただけ。

私はどこか、我が事のようには見ていましたが…それを口に出すのは失礼な事は承知してます。
何も言わないし、何も言えない。

傍目から見りゃ、こういう俯瞰した自体の見方は出来るんだけど…当事者たちはそうは行かない。
誰だってそんなモン、言われなくともわかってる事。


そう、ソレを言えるのは絶対に"当事者"では"ない"のです。


それは何というか…回答、とも言いましょうか。いつだって。
これは間違っても、「話を前後する意味」ではないです。

と、いう訳で…

これ以上、「Einherjar」の事を言うのはクラン盟主のヴァン氏以下にも当事者達にも失礼に当たることなので、ここまで。
失礼を承知でお話させていただいたのは、その後の話に意図や経緯、考え方として繋がるからです。


…そして、しばらくアーチボルドさんと会うタイミングがありませんでした。
----------------------------------------------------------
暫くたったある日、いきなりアーチボルドさんからwisが来まして。



「ちょっとアデンに来て欲しい」と言われました。



んでもって…「あ、お久しぶり」なぁんて…アデンで会ったアーチボルドさんに連れられて、アデンの門外に行きました。
そこで、彼がいきなり座り込み始めましたので…何か話があるのかな?と



…まぁ、まさか?なぁ…



やっぱり



話の内容は…「引退する」と言う話で。



理由は、リアル事情が色々あってとの事…まぁ、ここからはプライバシーな部分があるので割愛しますそこそこハードっぽい話なので
彼はまた、「Einherjar」が何より好きなんだな…と、思わせる発言をしていたのを覚えています。



…で、最後にぶっちゃけたいことがある。と…



自分は昔、PKをしていたことがあった。



名前は「ザイリアス」という。



PKをはじめた理由は、「単純に良い装備でLv上げたりプレイヤースキルのなく上に上がっていく人へのアンチテーゼだ!」という事でした。

要は、廃へ(または意思を持たないキャラクター・プレイヤー)石を投げたかった?
という事だと解釈しましたが、これは多分、認識として概ねは間違っていないと思う。


…でも、本当に害にはなりきれなかったのだろう。


どうしても、彼の隠し切れない性格の部分が…ジグの掲示板にPKとして書き込みをし…
そしてエンターテイメントな悪役として・倒されるべき悪役として、今で言う流行のPK?の「一般面した害」を害としてPKする。という方向にシフトしたのかも知れません。
※今のPKとは全く種類の違うものです、悪しからず。


その為に私財をはたき、自分のLv上げも後回しにし…自分の時間を使ったのか。


そういう意味では…本当に無意味で、全くの不整合で、不誠実だ…そもそも歪んでいる。


だから、信じようと思う。


例えば、それが本当なら…きっと、それは「アーチボルドの叫び」だったんだと思う。
例えば、彼が嘘を言っていたとしても、彼の中には、彼の演じる「ザイリアス」が居ます。


事実としてソレで充分です。





ザイリアスを見つけました
-----------------------------------------------------------------
と、いう訳で…長く続いたザイリアス探しは…最も身近なフレのサブキャラでした。



その場では…正直驚いた訳なのですが…



同時に…おかしい?こんな偶然は普通ない。とも。



多分、この人は私がザイリアスを探していたことを知っている。
勿論この頃には私はザイリアス探しをやめていますので、アーチボルドさんにザイリアス探しの事を話したこともなければ知りもしない。



思い当たる所は…



ぶっちゃけ、オアリムさんです。
最初に会った頃、私は普通にザイリアスさんを探してましたからね。

オアリムさんは、私がザイリアスを探している事を覚えてたのだろう…
きっと、それでどこかで偶然?アーチボルドさんの事を知り…

それで、いつかwannabesのソレを「解決してくれ」と頼んだのかも知れない。
なぜ、そのような行動に出たかは…考える必要はないと思います。

もし、知らなかったら…本当に偶然の話なんだろう。
でも普通…そこまでの偶然はないよね

これに関しての真実はぶっちゃけ、私にとってはどっちでもいいんです。
手を回そうと、全くの偶然を引き当てたにせよ、実は全てを解決するカギは…オアリムさんでした。


それだけで、充分です
ありがとうございます
--------------------------------------------------------------
そう…これが長い話の最後になりますが…



アーチボルドさんの演じた"ザイリアス"さんへ。



最初から…ずっと考えていたんですよ。
「ザイリアスにもし会ったらどうしよう?」と。

いきなり(在籍している)クランの旗を捨てて…いきなりPKしに行ったのかも知れない…その覚悟はあった。
きっと最初は話しかけることからスタートするんだろうけどw

ただ、引退者の独白で…そんな事できるわけないじゃないですか。
多分、ザイリアスの推定Lvは40~50前後です。

引導を渡すにせよ、彼を一方的に叩き伏せることは…彼が望んでも私は望まない。
このような状況では、単純にアーチボルドさんの引退を見送ることしか出来ない。



卑怯だ…全くの卑怯というものです。



だから、いつかやってやろうと思っていた事を…今、ここに書き込むことにより完了します。



『もし、この事を公開して…文句があるのなら、是非ともリネージュ2内のwannabesまで。』



これは、リベラルハート盟主リュウジさんにに「ザイリアス疑惑」を掛けられたE・ウォーベックの…wannabesの目的、復讐劇の話でした。


本当に、ありがとう
---------------------------------------------------
『そんなこんなで今日はココまで!』

という私が良く使う〆の言葉は、今はなきアーチボルド氏のブログ「アーチボルド一家」の〆の言葉でしたね。

実は、あの日から使うようになったんですよ。

だから、いつか文句を言いに来るその日まで…そんなこんなで今日はココまで!
wannabesでした。
# by apo002 | 2012-11-25 18:40 | 全部の途中 | Comments(2)